ほしいものを探してね♪

Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> - >> ベンツ aクラス 新型

ベンツ aクラス 新型

サラリーマンでもベンツに乗れるよ!♪ 日本車と変わらない値段だね♪

ベンツ aクラスが買い時デス♪ 中古在庫一覧はこちら!

今話題のメルセデス・ベンツについての記事を集めてまーす♪




Q


ベンツAクラス、めちゃくちゃカッコいいし、値段もCと大きく変わらない分類もあり...

A


新型のBクラス(W246)が購入の選択肢に入っているのかな?

AクラスとBクラスの【差】
先代の『Aクラス(W169)』と『Bクラス(W245)』との【差】程は無いですね
先代はホイールベースを延長してBクラスを作っていましたが現行型は同じ
それでも
例えば「車体サイズの詳細」を比較していくと、色々と見えてきますよ

*AorB車体比較*
車体全長:A(4,292) < B(4,359)
車体全高:A(1,433) < B(1,557)
ホイールベース:A(2,699) = B(2,699)
フロント・オーバーハング:A(906) > B(887)
フロントノーズ長:A(1,359) > B(1,338)
▲車体サイズ自体は車高の高さの差を含めてもBクラスの方が大きい
▲Aクラスのデザインはフロントノーズにボリュームを持たせているのが特徴で
ロングノーズ&ショートデッキによるスポーティさを演出しているデザインですね
Bクラスには設定の無いAMGモデルの存在もそれを裏付けているかと
(アルミホイール以外にはアクセサリーとしてもAMGパーツは無い)
▲B250は本国には存在しています。
また、B220(135kw)に4MATIC(4WD)設定が有ります(CDIには無し)
▲本国サイトでは先代と同様に「(スポーツ)ツアラー」という扱いです!
Cクラス以上のステーションワゴン程には大きくないが、ツアラー(旅行車)
としての位置付けがされている車ですね!

*前席スペース*
前席・床面〜座面(前席居住性):A(276) < B(347)
前席・座面〜天井(前席居住性):A(977) < B(1,013)
前席・ステアリング〜シート背面:A(516) > B(388)
▲Bクラスの前席の方が着座姿勢が立っていて、シート周りの空間も大きい
Bクラスの方が「座る」と足元の余裕空間も頭上の余裕空間も大きいですね。
対してAクラスの方が着座位置自体が低く、寝そべった姿勢になりますね

*後席スペース*
後席・床面〜座面(後席居住性):A(316) < B(350)
後席・座面〜天井(後席居住性):A(952) < B(985)
前席シートバック〜後席背面(後席足元):A(693) < B(728)
▲Bクラスの方が後席の空間的余裕=居住性は高い
▲後に「人」を乗せる場合に「乗員が快適に感じる」のはBクラスの方
Bクラスの方が「座る」と足元の余裕空間も頭上の余裕空間も大きいですね
家族持ち等の乗車人数が多いユーザーを意識した室内空間設計ですね!

*ラゲッジ(荷室)スペース*
リア・オーバーハング(=ラゲッジスペース):A(687) < B(773)
テールゲート開口部高(積載性):A(561) > B(538)
ラゲッジルーム床面奥行き(積載量):A(707) < B(744)
ラゲッジルーム・後席上端奥行き(積載量):A(470) < B(597)
▲Bクラスの方がラゲッジルームの積載容量が大きく、開口部も低い
Bクラスの方が後席を使っている状態でも、後席を倒した状態でも積載容積は
大きく、テールゲートの開口部の下端位置もBクラスの方が低いので荷物の
上げ下ろしは楽

各部の数値や、そこから読み取れる設計思想を見ると
BクラスはAクラスと同様に従来のメルセデス・ユーザーよりは若い世代を
対象にした「ブランドの若返り」を図った車ですが
▲Bクラスは、その若い世代の客層の中でも「家族持ち」や「若いカップル」を
想定ユーザーにしていると思います
それは向こうでのBクラス(W246)のCMからも感じ取れる傾向
*W246−B−CM*
http://www.youtube.com/watch?v=gM0ee8sMZs8
△対してAクラスはもっと若いユーザーを想定していると思います
それはA45AMGの存在からも判るかと



BクラスのAクラスのに対する優位性?との面では
「人と荷物をより多く、そして快適に乗せられる、載せられる」
という側面でしょうか?
週末は家族揃ってアウトドアを楽しむ、なんて用途ではAクラスは手狭!
でもCクラスの大きさまでは不要なんて人には良いのでは?

先代(=初代)のBクラスから「Aクラスよりは家族向け」「ツアラー用途」という
方向性は明確に打ち出されていますし、実際の購買層もそれに合致
家族持ちや大人数での移動が多い人にはAクラスよりBクラスが向いている
と思いますよ!(というか、その様に設計され、その様に作られています)





▲元々、初代のAクラス(W168)の設計時点から色々な派生モデルの
思想、設計は存在していました
AクラスベースのSUV(ミニML)であるGLAも、既にW168では試作されてます
(主に北米市場向けで、実現はしませんでしたが)
元々が複数の派生モデルを作る目的で新設計されたプラットフォームです
ハイブリッド化まで視野に入れたシャシー設計です
日産及びルノーからも同じプラットフォームを使ったモデルが出る予定?
(日産はハイブリッドで出す予定?)

ニュース


国産セダンは人気がない!?日本でセダンが売れない2つの理由

 


国産車と輸入車の販売ランキングを比較すると、「セダン」の売れ筋が異なることに気づく。

フォトギャラリー

輸入車の場合、四半期ごとに集計される販売ランキングの上位10車に、「メルセデス・ベンツ Cクラス」同「CLA」「BMW 3シリーズ」は常連でランクイン。

Cクラス、CLA、3シリーズにはワゴンも存在するため、すべてがセダンということではないが、その比率は高い。

一方、国産車の販売状況を見ると、減少傾向にあるとはいえど軽自動車が今も販売総数の32〜35%を占めている。

コンパクトカーも20%前後に達するから、販売ランキングの上位は首位の「トヨタ プリウス」を除けば1.5リッター以下の車種がずらりと並ぶ。

また、排気量が比較的大きな車種になると「トヨタ ヴォクシー」や「トヨタ ヴェルファイア」などのミニバン勢になってしまい、販売上位のセダンといえば「トヨタ カローラアクシオ」のみだ。これに続くのは、順位は下がるが「トヨタ クラウン」。

他に国産セダンといえば「マツダ アクセラセダン」や「スバル インプレッサ G4」が思い浮かぶが、残念ながら販売ランキングの上位にノミネートするまでは売れていない。

冒頭で述べた輸入セダンも、国産車に比べればもちろん台数は少ないが、それでもメルセデス・ベンツ Cクラスは1ヶ月に1400台前後を販売。クラウンには敵わないもののトヨタ プレミオ&アリオンやレクサス IS/GSの台数は軽く上まわる。

そして、Cクラスのライバルである「BMW 3シリーズ」は850台前後を販売し、こちらも前述の国産セダンより多い。

かつては日本でもセダンが好調に売れたが、今では販売面では不人気車が多く、堅調に売れるのは「トヨタ カローラアクシオ」と同「クラウン」程度だ。

その結果、セダン市場を輸入車に浸食されている。輸入車が積極的に売れ行きを伸ばしたというより、国産車が下がって輸入車の順位が繰り上がったといえる。
39f8n2xa | comments(0) | - | pookmark | category:-
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Category

Entry

PR

Link

seo

にほんブログ村 車ブログ ドイツ車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ カーライフへ
にほんブログ村

  • SEOブログパーツ
seo great banner

Sponsored Links

Recommend

Search

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode