ほしいものを探してね♪

Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> - >> ベンツcクラス 評価

ベンツcクラス 評価

サラリーマンでもベンツに乗れるよ!♪ 日本車と変わらない値段だね♪



ベンツ aクラスが買い時デス♪ 中古在庫一覧はこちら!


今話題のメルセデス・ベンツについての記事を集めてまーす♪




Q

ベンツC180アバンギャルド、どう思いますか? ベンツのCクラスはダサイ、恥ずかし...
ろ含め500万にはなります。日本人の平均年収を超える金額を車1台にかける人はあまり居ないと思うので、現実は年収1000万以上の人達が買う車だと思います。 補足私は試乗してみて素晴らしい車だと思いました。180でも充分事足りるように感じました。

A

このCクラス異常に評価が高いですよ。
カーグラフィックでもBMWやアウディと比べても頭一つ飛び出していると最高クラスの評価を得ています。
またC250とE250を比べ差は後席のみという結論に成っています。

世界の名車を知り尽くす専門家からは極めて高い評価です。

メルセデスに触れた事すらない負け組の寝言は聞き流しましょう。

走りだせば国産車から特別扱いを受けますw
まるで自分が偉くなった様な気分ですw
特に高速道路の追い越し車線で少し速度を上げると前を行く国産車が迷惑なほど道を譲ってくれます。
クルーズコントロールは250?/hまで設定可能ですから高速道路の最高速度が120?/hに成っても国産車なら困るでしょうけど全く困りません。

メルセデスの特徴は全てにおいて高性能です。
240?/hでも片手ハンドルで余裕で走れます。アウトバーンを片手で撮影しながら走る動画があります。
それでいて街中の20〜30?/hの低速でも国産車で比較する車が見当たらない程乗り心地が良いのです。

一週間ほどC180を借りていましたが一度もアクセルを底まで踏む事はありませんでした。自然吸気の2リットルなら街中でも気軽に踏むのですが
この1.6ターボエンジンエコモードでは流石に緩慢ですが、コンフォートな必要十分で日本の遅い高速道路なら軽々と流れに乗れます。
低速でトルクがあるのに軽々と吹き上がります。
個人的にはアウディはもちろんBMWのエンジンよりフィールと音は好みです。

大雨の峠道ですらうるさいほどのステアリングからのインフォメーション全く不安なく走る事が出来ます。

このベースにあるのがボディはエンジンより早くです。
エンジンというのは1.6ターボではありません。
500馬力1000万円を超えるAMGより早くと云う事です。
つまり500万円程度の廉価版のC180にすらこのボディです。
コストパフォーマンスの高さは尋常ではありません。
極めてお買い得ですよ。

これを一度味わってしまうと国産車が本当に安物に感じます。
何も悩む事はありません500万円安い!と感じると思いますよ。

あ自動追尾型のクルーズコントロールは絶対につけた方がいいですよ渋滞がめちゃくちゃ楽です。
渋滞を発見したらレバーを引くだけ
それだけでノロノロ運転に車が完全停止まで勝手に対応してくれます。
最初は追突しそうで足がつりますがw
渋滞が楽しみに成りますよ。

ニュース

本当の「プレミアム・ビジネス」をしている自動車メーカーはどこだ?

 自動車ビジネスはもちろんのこと、最近は猫も杓子も「プレミアム」だそうだ。アイスクリームも牛丼もビールも、果てはコンビニの惣菜までプレミアム。共通するのは「ちょっとお高い値付け」である。

 バリュー・フォー・マネーやコスト・パフォーマンスという言葉が意味するのはモノの価値に対しての値段が相対的に安いということだが、実はモノの価値というのは概して送り手が思うほどは伝わらない。定量的に誰でも比較できる価格の方が比べやすく、消費者の支持を得やすいのだ。だから商品の競争において、価格で優位に立つことはとても有利で、これまでアイスクリームも牛丼もビール(含む発泡酒や第三のビール)も他社より安いことを売りにしてきたのだ。

 ただし、それが行き着くところまで行くと、他社商品と差別化を図るためには品質を上げるしかない。品質を上げようと思えば当然、原価が上がる。価格の上昇は生産性上昇に直結するので喜ばしいに決まっているが、それは商品が売れてこそだ。

 となれば、品質向上を消費者に理解してもらえるかどうかが勝負の分かれ目になる。価格インセンティブでビジネスをしてきた会社だからこそ「どうせ品質なんて消費者に評価されない」という現実をよく知っている。これまで他社の高品質な商品を価格勝負で散々に駆逐してきた張本人だからだ。

 だから価格を上げるのはとても怖い。高品質であることを特別にアピールしないと、いても立ってもいられなくなる。そういう時、プレミアムという言葉は「中身が違う」あるいは「高い価格には意味がある」ことを訴求するのに便利だ。

 そうして猫も杓子もプレミアムをうたい始めることになる。その結果、昨今は「プレミアム」がインフレし過ぎてちっともプレミアム感が感じられないという皮肉なことになっている。
39f8n2xa | comments(0) | - | pookmark | category:-
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Category

Entry

PR

Link

seo

にほんブログ村 車ブログ ドイツ車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ カーライフへ
にほんブログ村

  • SEOブログパーツ
seo great banner

Sponsored Links

Recommend

Search

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode